SOKABE Music Publishing

現代日本の音楽の楽譜

山本準

ピアノを飯田喬子、作曲を野田暉行に師事。サラリーマン生活を経て、2016年に「戦争が廊下の奥に立ってゐた-渡辺白泉の句による」が曽我部清典氏により初演され、作曲家としてのキャリアを開始した。2018年には双子座三重奏団と共同主催でライブ「戦争と音楽」を開催。「ポツダム宣言」「コラージュ~浦賀から真珠湾へ」他が演奏された。2019年にはトランペットとオルガンのための”De Vulkanen”、ピアノ三重奏「銀朱の風」他、2020年には"三人の打楽器奏者のための"Rainfall Shuffle"、ソプラノとピアノのための「ヴォカリーズ」が初演された。日本作曲家協議会、オーケストラプロジェクト、作曲家集団アルビレオ会員。

タイトル 編曲者 編成
城あとにて (ピアノ小品)
鍵盤独奏
ゼフュロスとテルミン(あるいは任意の2楽器のための)「非ユークリッド的なゾーリ虫」
その他二重奏
「ポツダム宣言」
鍵盤/管楽/声楽三重奏
鳥はいまどこを飛ぶか(吹奏楽のための)
管楽吹奏楽
ふわふわのゆめ ピアノ連弾のための
鍵盤/管楽二重奏
百鬼夜行 (尺八、クラリネット、ヴィオラ、チェロ、十三絃筝、十七絃筝)
その他六重奏
少龍譚(吹奏楽のための)
管楽吹奏楽
セピア色のバラード (トランペットとヴィブラフォンのための)
管楽/打楽器/管楽二重奏
トランペット、ホルン、トロンボーンのためのカノン集
管楽金管三重奏
カプリッチョ 木管五重奏のための
管楽五重奏
火山群 (トランペットとピアノバージョン)
鍵盤/管楽二重奏
デ・ヴァルカネン(火山群)(トランペットとパイプオルガンのための)
鍵盤/管楽二重奏
エターナル・リバー=リユニオン(ピアノソロ)
鍵盤独奏
フゲッタとスケルツォ トランペットとトロンボーンのための
管楽/管楽二重奏
ピアノ独奏のための"Lament"
鍵盤独奏
写像ハープ (ハープ独奏)
その他独奏
モノグラフ サクソフォーンのための
管楽独奏
ルター「神は我がやぐら」によるパラフレーズ(金管合奏)
管楽三十重奏
レインフォール・シャッフル~3人の打楽器奏者のための
打楽器三重奏
戦争が廊下の奥に立ってゐた(2019改訂版) (トランペット独奏)
管楽独奏
3つのアラベスク 弦楽四重奏のための
弦楽四重奏
小喜遊曲 (笛子と揚琴のための)
その他/管楽二重奏
小喜遊曲 (フルートとピアノ)
鍵盤/管楽二重奏
銀朱の風 (ピアノ三重奏)
その他三重奏
ヴォカリーズ ソプラノとピアノのための
鍵盤/声楽二重奏