SOKABE Music Publishing

現代日本の音楽の楽譜

News

ビーバー、ハインリッヒ / arr. 曽我部清典 : 管楽八重奏

ハインリッヒ・ビーバーの「戦闘」原調版です。

ビーバー、ハインリッヒ / arr. 曽我部清典 : 管楽八重奏

ビーバーの弦楽合奏のための Battalia「戦闘」を金管アンサンブル用に編曲しました。中高生にもできるように、ニ長調から変ロ長調に移調してあります。2曲目は、8人の酒に酔った兵士が自分たちの故郷の歌を歌っている場面です。譜面の誤りではありません。

ジョセフ・ジャンバティスト・ローラン・アルバン : 鍵盤二重奏

アーバンによるヴェルディのオペラ「椿姫」の幻想曲。おそらく日本では未出版です。名曲集+お約束の超絶技巧変奏曲付き。

メキシコ民謡 / arr. 山崎茂(しげる) : 管楽六重奏

山崎しげるさんの「やさしいアンサンブルシリーズ」第1作。スコアではドラムセットとしてありますが、何人かでやってもかまいません。管楽器は大変なら複数人数で吹いても大丈夫です。

ジョセフ・ジャンバティスト・ローラン・アルバン : 鍵盤三重奏
ジョセフ・ジャンバティスト・ローラン・アルバン : 鍵盤二重奏
様々な作曲家 / arr. ジョセフ・ジャンバティスト・ローラン・アルバン : 管楽独奏

アーバンによるフレーズの技法100選その2後半です。時代を反映してオペラのアリアが多く含まれています。装飾音の吹き方などとても勉強になります。どんな楽器でも演奏できます。

様々な作曲家 / arr. ジョセフ・ジャンバティスト・ローラン・アルバン : 管楽独奏

アーバンによるフレーズの技法100選第2集の前半です。旋律をどのように歌ったら良いのかを学びましょう。すべての楽器で演奏できます。

ジョセフ・ジャンバティスト・ローラン・アルバン : 鍵盤二重奏

アーバンのオリジナルはコルネットでしたので、使用楽器はコルネットとしてありますが、もちろん、トランペットやフリューゲルホルンでも演奏できます。難易度レベル:A(easy)ですので、入門編。

ジョセフ・ジャンバティスト・ローラン・アルバン : 鍵盤二重奏

アーバンのオリジナルはコルネットでしたので、使用楽器はコルネットとしてありますが、もちろん、トランペットやフリューゲルホルンでも演奏できます。ユーフォニアムでも大丈夫です。

様々な作曲家 / arr. ジョセフ・ジャンバティスト・ローラン・アルバン : 管楽独奏

アーバンのオリジナルはコルネットでしたが、使用楽器はトランペットとしてあります。もちろん、コルネットやフリューゲルホルンなど他の金管楽器でも演奏できます。

江藤光紀 : 弦楽四重奏

筑波大学の学生委員会が主催する「つくばリサイタル・シリーズ」第六回(2017年12月11日)で、クァルテット・エクセルシオによって初演され、同団に献呈されました。「あの丘の向こうに」「聖なる夜のまぼろし」「光あふれる庭」と題された三つの楽章からなっています。学生向けの演奏会という性格もあって、メロディアスでダイナミズムにあふれるドラマティックな音楽を書きたいと思いました。

Sokabe Music Publishing - News を購読