SOKABE Music Publishing

現代日本の音楽の楽譜

News

山本準 : その他三重奏

曲のアイデアは太極拳(正確には楊名時太極拳)によっている。楊名時太極拳には二十四式という一連の動作があるが、平均律12音に律・呂の両音階を当てはめれば24になるというのが一曲の基本的なアイデアである。 もとより太極拳は時間軸上では自由である。決まった拍子もテンポもない。ただ、定められた所作を一連として行うと大体同じような長さに収まる。これは西洋音楽の原理とは対極にある。西洋音楽は等間隔のパルスを基準として拍子を持ち、多少の伸縮はあってもいわば「枠」にはまっている。したがって、もとよりこの曲は二十四式の「伴奏」でもなければ、同時演武を期待したものではない。 曲はテンポを一分間76拍に固定して、上述の24の所作を追い、かつ24の旋法を主にクラリネットとヴァイオリンが担って進行する。 他のパートはこれに別の調性空間からオブリガートを奏でていく。演奏時間は11分程度となる。 本作品は、Phidias Trio (Vn. 松岡麻衣子、Cl. 岩瀬龍太、Pf. 川村恵里佳)により2021年3月18日 東京オペラシティリサイタルホールにて 初演された。

ジャコブ・ガデ / arr. 曽我部清典 : 鍵盤/管楽トランペットとピアノのための二重奏
レイナルド・アーン / arr. 曽我部清典 : 鍵盤/管楽トランペットとピアノのための二重奏

ベネズエラ生まれで、パリで活躍したレイナルド・アーンのとても美しい歌曲を、トランペットとピアノのために編曲しました。冒頭はピアノのコラール上語りかけるように始まり、左手のハープのようなアルペジオにのって、甘美なメロディが歌われます。サロンコンサートのアンコールとして演奏して欲しい作品です。パート譜はinCとinBbを用意しました。

ガブリエル・ユルバン・フォーレ / arr. 曽我部清典 : 管楽四重奏

フォーレのレクイエムから第4曲 PIE JESU を、トランペット・ホルン・トロンボーン・バストロンボーンのために編曲しました。バストロンボーンの代わりにチューバでも演奏できます。

ガブリエル・ユルバン・フォーレ / arr. 曽我部清典 : 鍵盤/管楽トランペットとピアノのための二重奏

フォーレのレクイエムから第4曲 PIE JESU をトランペットとピアノのために編曲しました。パート譜はinCとinBbを付けました。

フランツ・クサバー・グルーバー / arr. 曽我部清典 : 管楽六重奏

クリスマスには欠かせない「聖夜」を金管六重奏にしました。音域は無理のないように設定し、アルトホルンやユーフォニアムも編成に加えましたので、皆さんで演奏して下さい。

リヒャルト・ワーグナー / arr. 曽我部清典 : 管楽五重奏

ワーグナーのピアノのための小品を金管五重奏に編曲しました。とても短い曲ですが、ワーグナーらしさ満載です。

ガブリエル・ヴェルダール / arr. 曽我部清典 : 弦楽/管楽二重奏

パリオペラ座のヴィルトゥオーゾだったハープ奏者のガブリエル・ヴェルダールが、ヴァイオリンとハープのために書いた小品を、トランペットとハープのために編曲しました。このキーでは高すぎるという方のために、長3度下げた変ホ長調のキーの楽譜も用意しました。B管のトランペットで演奏できるようパート譜をつけました。ハープのパートはピアノや他の鍵盤楽器でも演奏できます。

ガブリエル・ヴェルダール / arr. 曽我部清典 : 弦楽/管楽二重奏

パリオペラ座のヴィルトゥオーゾだったハープ奏者のガブリエル・ヴェルダールが、ヴァイオリンとハープのために書いた小品を、トランペットとハープのために編曲しました。トランペットはC管トランペットの他、A管のピッコロトランペットでも演奏できるようパート譜をつけました。ハープのパートもピアノや他の鍵盤楽器でも演奏できますので、今日はハープとの共演気分で!などという楽しみ方もできます。

ガブリエル・ヴェルダール / arr. 曽我部清典 : 管楽/打楽器二重奏

パリオペラ座のヴィルトゥオーゾだったハープ奏者のガブリエル・ヴェルダールが、ヴァイオリンとハープのために書いた小品を、トランペットとハープのために編曲しました。トランペットはC管トランペットの他、A管のピッコロトランペットでも演奏できるようパート譜をつけました。ハープのパートもピアノや他の鍵盤楽器でも演奏できます。

ジョゼフ=ギィ・ロパルツ / arr. 曽我部清典 : 鍵盤/管楽トランペットとピアノのための二重奏

トランペットの重要なレパートリーとして多くの人に愛されているロパルツのアンダンテとアレグロです。B管用のパート譜にC管用のパート譜もつけました。お好みの楽器で演奏して下さい。

レイナルド・アーン / arr. 曽我部清典 : 鍵盤/管楽トランペットとピアノのための二重奏

ベネズエラ生まれで、パリで活躍したレイナルド・アーンのとても美しい歌曲を、トランペットとピアノのために編曲しました。ピアノのゆっくりとしたアルペジオにのって、甘美なメロディが歌われます。サロンコンサートのアンコールとして演奏して欲しい作品です。調はH-durとA-durを用意しました。

NABEO Music Library - News を購読