SOKABE Music Publishing

現代日本の音楽の楽譜

News

ジョセフ・ジャンバティスト・ローラン・アルバン : 鍵盤二重奏

アーバンのオリジナルはコルネットでしたので、使用楽器はコルネットとしてありますが、もちろん、トランペットやフリューゲルホルンでも演奏できます。

ジョセフ・ジャンバティスト・ローラン・アルバン : 鍵盤二重奏

アーバンのオリジナルはコルネットでしたので、使用楽器はコルネットとしてありますが、もちろん、トランペットやフリューゲルホルンでも演奏できます。ユーフォニアムでも大丈夫です。

様々な作曲家 / arr. ジョセフ・ジャンバティスト・ローラン・アルバン : 管楽独奏

アーバンのオリジナルはコルネットでしたが、使用楽器はトランペットとしてあります。もちろん、コルネットやフリューゲルホルンなど他の金管楽器でも演奏できます。

江藤光紀 : 弦楽四重奏

筑波大学の学生委員会が主催する「つくばリサイタル・シリーズ」第六回(2017年12月11日)で、クァルテット・エクセルシオによって初演され、同団に献呈されました。「あの丘の向こうに」「聖なる夜のまぼろし」「光あふれる庭」と題された三つの楽章からなっています。学生向けの演奏会という性格もあって、メロディアスでダイナミズムにあふれるドラマティックな音楽を書きたいと思いました。

山本準 : 管楽二重奏

ジャズ・イディオムを借用したバラードである。ジャズの本質は即興性にあり、標準的な楽器編成はあるが流動的である。基礎となるアイデアがあれば一本の木の棒からビッグバンドまであらゆる形式で表現は可能であろうが、ここではトランペットとヴィブラフォンという二つの楽器による演奏を頭の中で仮想的に繰り返し、取捨選択して楽譜として定着してみた。楽譜は言うなれば音楽の影に過ぎない。作曲にあたってもある種の演奏行為を通しているという意味では「いぶりがっこ」のような作品とも言えようか。本作品は2018年7月3日(火)ISO(會曾)デュオ vol.3にて、曾我部清典(Trp.) 會田瑞樹(Vib.)両氏により初演された。

ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト / arr. 曽我部清典 : 管楽五重奏
クラウディオ・モンテヴェルディ / arr. 曽我部清典 : 鍵盤三重奏

原曲は2つの声とオルガン(通奏低音)ですが、トランペットのために編曲しました。オルガンパートは、ピアノでも演奏できますし、オルガンやピアノの替わりに、一番低い音を低音楽器で吹く3重奏としても演奏可能です。

ゲオルク・コプラッシュ / arr. 曽我部清典 : 管楽独奏

元は、ホルンの高音奏者のために作られました。トランペットやユーフォニアムでも演奏可能です。

クラウディオ・モンテヴェルディ / arr. 曽我部清典 : 管楽三重奏

トランペット三重奏のために編曲しました。コンサートの他に、ハーモニーの練習として、使って下さい。

オルランド・ディ・ラッソ / arr. 曽我部清典 : 管楽三重奏

トランペット三重奏のために編曲しました。コンサートの他に、ハーモニーの練習として、使って下さい。

曽我部清典 : 管楽独奏

リップスラーの際、倍音を越える時、壁を感じている人のための、間に一つ音を挟むことで壁を越え易くなるような練習曲です。

ゲオルク・コプラッシュ : 管楽独奏

元は、ホルンの高音奏者のために作られました。トランペットやユーフォニアムでも演奏可能です。

Sokabe Music Publishing - News を購読