SOKABE Music Publishing

現代日本の音楽の楽譜

ギョーム・バレイ

ギョーム・バレイは第19歩兵連隊でコルネット奏者としてフランス軍に勤務。 パリの国立音楽アカデミーによる1894年のコルネット賞コンペで優勝。 1898年に第119歩兵連隊の音楽の頭となり、バレイの作曲の多くは共和党警備隊のバンド(パリギャルドレピューブリケーヌ)のための標準レパートリーとなりました。 1927年に引退。彼のソロ・コルネットやピストン楽器のための作品の多くはトランペット奏者のレパートリーに残っています。 バレイは室内楽、他の管楽器のためのソロ音楽とバンド音楽も作曲しました。 バンドリーダー、ソリスト、作曲家としての彼の業績に加えて、バレイも彼自身のコルネット手法を発表し、そして教師として尊敬されていました。