SOKABE Music Publishing

現代日本の音楽の楽譜

テオドール・デュボア

フランソワ=クレマン・テオドール・デュボワ(François-Clément Théodore Dubois, 1837年8月24日 – 1924年6月11日)はフランスの作曲家・オルガニスト・音楽教師。マルヌ県ロスネー出身。当初はランス大聖堂の教会楽長ルイ・ファナールに入門するが、後にパリ音楽院でアンブロワーズ・トマに師事する。1861年にローマ大賞を受賞。1868年にマドレーヌ寺院の楽長に就任し、1871年にはセザール・フランクの後任として、サント=クロチルド教会の楽長に就任する。1877年にサン=サーンスの後任オルガニストとしてマドレーヌ寺院に復帰する。1871年からパリ音楽院の教員となり、ポール・デュカスやフロラン・シュミットらを育成した。
1896年に、恩師トマの死に伴い、パリ音楽院院長の職務に就くが、1905年のローマ大賞の審査でモーリス・ラヴェルが参加資格を失った際におおやけに大論争を引き起こし、そこに音楽学者で作家のロマン・ロランが公開書簡を投書したことで議論が激化したために、引責辞任に追い込まれた。後任院長は、ラヴェルの恩師ガブリエル・フォーレであった。

タイトル 編曲者 編成
幻想曲
鍵盤/管楽トランペットとピアノのための二重奏
楽園にて
鍵盤/管楽トランペットとピアノのための二重奏